はなの海外大冒険!

海外生活で体験したことや考えたことを綴るブログ♬フィジー留学、オーストラリアでのワーホリ経験を経て、セブのゲストハウスで管理人をしながらブログを書いていましたが、家庭の事情で急遽日本に帰国。これからは海外で学んだことをもとに、日本で考えたことを書いていきます。

【地元ネタ】これなしでは鹿児島の夏は語れない!20年ぶりに七ツ島サンライフプールに行きました。

日本のネタを書く新しいサブブログを作ろうか、今までの海外ブログにそのまま書こうかすごく迷っている、はなです。

でも、その前にやることたくさんあるんだなー

けれどももう8月も残すところあと2日。

8月中に書かないと今日の記事は全く意味をなさないと思うので、無理やり書きます。

 

現在、妹とその子供(4歳女の子、3歳男の子)が帰省中です。

母も退院したことだし、夏らしいことがやりたいねーと妹と夜中に会議をしていました。

そこで、「サンライフプール8月いっぱいだし、行ってみない?」という考えにいたり、

わざわざ姪っ子たちの水着を買ってからプールに行きました。

その様子を紹介します。

 

鹿児島七ツ島サンライフプールとは

f:id:kaigaiwakuwaku:20170829230336j:image

サンライフプールとは、鹿児島市南部で夏休み期間7/21~8/31限定でオープンする市民に愛されるプールです。

ここは実家から一番近いプールということで、子供の頃は夏休み期間中に3回くらい足を運んでいた思い出の場所なのです。

もともと駐車場だったところに物産館ができて周りの様子は変わっているものの、

プール自体は20年くらい前からほとんど変わっていません。

昭和の残り香がプンプンする、夏の市民の憩いの場となっています。

 

ちなみに、ある方のブログ情報によるとこのプールがオープンしたのは昭和57年。

近くにあった七ツ島海水浴場が埋め立てによってなくなったため、その代替施設としてオープンしたそうです。

 

七ツ島サンライフプールの様子

プールは全て屋外、種類は4つしかありません。

f:id:kaigaiwakuwaku:20170829230517j:image

その4つとは、

造波プール、スライダープール、流水プール、ちびっこプール。

都会では普通に見られる、大きいスライダーやアトラクションがあるプールとは全く違う雰囲気です。

 

こちら、造波プール。

1時間おきに波が起きるプールで、老若男女から(?)人気です。

f:id:kaigaiwakuwaku:20170829230502j:image

ここは、ちびっこプール。

小さい子供も安心して遊べます。

子供用の小さな滑り台があります。

私は小学生のころ、この滑り台を滑りすぎて、水着のおしり部分が破けたことがあります。。。

3歳の甥っ子は、ママの膝に座って滑りました。

やる前は泣いていたのに、終わったら「楽しかったー」という表情をみせていました。

f:id:kaigaiwakuwaku:20170829230354j:image

そして、流れるプールとスライダー。

f:id:kaigaiwakuwaku:20170829230450j:image

全長290メートルの流れるプールは、浮き輪でぷかぷか浮くのが楽しかったです。

そして、一番の目玉が、スライダー。

「ぴっ」という笛の合図で一斉に滑り出すところは昔と変わらず、

小学生と並んでウキウキしながら1人でスライダーを楽しみました。

(妹と交代で子供を見ながら1人ずつ滑りました)

スタート地点からの眺めが最高で、あそこに立った瞬間20年前の記憶が一気に蘇りました。

着地ポイントのプールがかなり浅いので、注意しないとプールの底で膝や腰を打ちます。

私は腰、妹は膝をぶつけました。

 

鹿児島の代名詞である桜島も遠くに見られます。

f:id:kaigaiwakuwaku:20170829230425j:image

 

七ツ島サンライフプールの、20年経っても変わらないあの味。

そして、私たち姉妹が密かに楽しみにしていたのが「しんこ団子」

子供の頃、サンライフプールに行くと必ず親に買ってもらっていました。

まだあるのかなーと言いながら売店に向かうと、まだ売っていました!!

あのときと同じ建物で!!!

f:id:kaigaiwakuwaku:20170829230404j:image

でも、値段は昔と同じわけにはいかないようですね。

1本90円もしました。

目をこらしてメニューを見ると、昔は2本で100円だったようです。

今のほぼ半額ですね。。。

でも、どうしても食べたかったので、買ってみましたよ。

 

並んでいる間も、炭火と醤油の混じったいい匂いがして食欲をさそわれました。

「昔と変わらない匂いだねー」

そして「値段上がりすぎだよね」といいながら540円で6本買って、いざ試食。

f:id:kaigaiwakuwaku:20170829230344j:image

「やばい!!!20年前と同じ味!!涙!」

あの、ちょっと甘い醤油の味と炭火の匂い、そして、とっても柔らかい団子、

もう、昔とそのまんまの味で感動しました。

それをちびっこと一緒に食べているというのもまた感慨深い。

大人になったなーと思ったと共に、このまま変わらない味であってほしいと願っています。

 

七ツ島の物産館であれを購入

5時半の閉園とほぼ同時にプールを出て、近くの物産館へ。

何も買わない予定だったのに、あまりにも美味しそうだったのでこれを買ってしまいました。

ジャン!!

f:id:kaigaiwakuwaku:20170829230532j:image

鳥刺しです!

鶏肉の刺身です。

鹿児島育ちの私はこれを普通に食べて育ったのですが、冷静に考えると鶏を生で食べるなんて大丈夫かなって思いますよね。

お腹壊さないので大丈夫ですよ。

醤油ににんにくを入れて食べるのがオススメ。

私の家族は、魚の刺身より鳥刺しのほうが好きだと言っていました。

魚より安いので。笑

私は熊本に住んでいたときに馬刺もときどき食べていましたが、鳥刺のほうが食べ応えがあって噛みやすいので好きです。

(多分食べ慣れているってだけだと思いますが。そして安い。)

 

まとめ:あなたの思い出の場所はどこですか?

f:id:kaigaiwakuwaku:20170829230435j:image

時が経つと街並みも変化します。

私の家の周りなんか、駅が新しくなったり、田んぼがなくなり新しい住宅地ができたりしてだいぶ変わりました。

街が変わると便利になる反面、ちょっと寂しい気もします。

でも、このサンライフプールは昔とほとんど変わっていませんでした。

剥がれかかったペンキ、

昔スタイルのスライダー、

しんこだんごの味。

なんだか、昔と変わらない場所があるっていうのが嬉しかったです。

ずっとこのままであってほしいなー!

営業時間などはこちらのサイトからご確認ください。

今日は8/30、今年の営業は明日までです!

http://www.kohnanpro.co.jp/pool/