はなの海外大冒険!

海外生活で体験したことや考えたことを綴るブログ♬フィジー留学、オーストラリアでのワーホリ経験を経て、セブのゲストハウスで管理人をしながらブログを書いていましたが、家庭の事情で急遽日本に帰国。これからは海外で学んだことをもとに、日本で考えたことを書いていきます。

30歳元看護師機械オンチの私が、パソコン上のお仕事で学んだこと3つ

ちょっと昨日はダラダラしてしまって後悔している、はなです😅

今日は夜ブロガー会があるので、それまでにやるべきことをちゃっちゃと終わらせたいと思っています😄

 

さて、「30歳元看護師機械オンチな私」シリーズ最終章は、

クラウドソーシングの仕事で学んだことです😁

看護師の仕事と全く違う、パソコンでの仕事。

そこでの初めて体験、実はいろいろありました。

 

1.顔が見えない中でのビジネスマナー

f:id:kaigaiwakuwaku:20170727104411j:image

基本的に看護師の仕事って、Face to Face。

面と向かって患者さんやスタッフと話をすることが多いです。

直接話ができなくても、電話などでコミュニケーションをとります。

 

しかし、パソコンで行う仕事は、相手の顔が見えません。

というか、会ったことないので相手がどんな人なのか分かりません。

ということは、文章だけで人を判断するし、自分も判断されるということです。

 

丁寧な言葉で返信する

できるだけ早めに対応する

というのは、相手の顔を知らないからこと重要です。

 

いくつかの仕事を通して何人かの方とメールで連絡をとりました。

ほとんどの方が丁寧に対応してくださったのですが、

一人だけ、かなりぶっきらぼうなメールを返信してくる依頼者さんがいました。

何か聞いても、

「大丈夫です」

「〜に書いてあります」

メールの返信、これだけでした。。。。

「こんにちは。いつもお世話になっております」とか、

「よろしくお願いします」とか、

それくらい書いてもいいのになーと思いました。

メールの印象が悪いので、正直もうその人とは仕事したくありません😔

 

2.相手の需要に合わせて文章を書くスキル

f:id:kaigaiwakuwaku:20170727104328j:image

私は、毎日ブログを書いています。

ブログは、自分の好きなことを好きなように書けるのですごく楽です🤗

 

しかし、仕事でライティングをするには、

相手の求める文章を書くことが必要です。

 

まずは、読む人の視点に立って、読み手が必要な情報を盛り込むというのが大切です。

 

文章の雰囲気に関しても、

友達に語りかけるようなフランクな文章で、とか、

です。ます。調で、説得力があるような文章で、とか。

同じトピックでも、依頼者の要望によって書き方を若干変えないといけません。

難しいですが、面白いなーと思います。

ある意味、自分を演じられます。

まあ、相手の要望に合わせるってどの仕事でも大切なのですが、

それをライティングの仕事でやると、上のような切り口になるんだなーって感じです😄

 

3.今まで知らなかったパソコンソフトやライティングのスキル

f:id:kaigaiwakuwaku:20170727104338j:image

当時、パソコン初心者の私が使えたソフトは、

ワードのみ。

ですが、クラウドソーシングの仕事をする上で便利なソフトやウェブサイト、ライティングスキルなどをいくつか学べました✌️

 

一番意味があったのはこれでしょう!

初めて仕事を受けた時は使いこなせなくて挫折し、仕事を断りましたが。。。

今は、別なライティングの仕事できちんと使っています。

 

ワードプレスとは、ブログ形式でホームページを作るツールのこと。

こちらの「はてなブログ」と同じように見出しや写真をつけながら文章を書いて、それがそのままホームページに反映されます。

ぶっちゃけ、ワードよりめんどくさいです。

でも、必要に迫られてやってみると意外とできました。

ライティングの仕事をしなければ一生使うことはなかったであろうスキルを学べました。

 

  • フリー素材の写真挿入の仕方

ブログを書くときは、自分の撮った写真を使います。

そのほうが楽だからです。

でも、ライティングの仕事で、依頼者の要望に沿った記事を書いた時に貼り付ける写真なんて持っていません。

そんなときに役立つのが、

「フリー素材の写真」

これは、パソコン上で無料ダウンロードできて自由に使える写真のことです。

そういうのがあったことすら知らなかったので、勉強になりました。

 

  • 翻訳のやりかた

私は一度だけ翻訳の仕事をしました。

そりゃー大変でした。

初めてだし、TOEIC700点で特別英語が得意なわけでもないし。

そして、翻訳すべき文章がマニアックでめちゃめちゃ長かった。

グーグル翻訳などのサイトを使いつつ、単語の意味を調べつつ、かなり時間をかけて完成させました。

 

そこで学んだことは、

「翻訳は、英語のスキル以上に日本語のセンスが試される」ということ。

同じ英単語でも複数の意味がありますよね?

そのいくつかある意味のどれをどう組み合わせるかって、日本語の問題です。

いい勉強になりました。

よっぽどいい報酬をもらえない限りもうやらないとは思いますが。。。

f:id:kaigaiwakuwaku:20170727104350j:image

  •  タイトルの付け方

今も1件だけ続けているプロジェクト系のお仕事があります。

その依頼者さんのメール返信と添削がものすごく丁寧です。

1記事300円なのでこの仕事自体をときどき放棄したいと思うのですが(内緒。。)

彼の動画を使った添削が丁寧すぎて、続けようと思ってしまうほどです。

 

依頼者は、受注者に少しでもいい仕事をしてほしいと思っています。

なので、仕事によってはとても丁寧なマニュアルが用意されています。

マニュアルには記事を書く上で参考になる点がいくつも載っているのですが、

一番参考になったのが、

「ブログ記事のタイトルのつけ方」です。

実は、今日のブログタイトルもそれを参考にしています。

 

『30歳元看護師機械オンチの私が、パソコン上のお仕事で学んだこと3つ』

タイトルは30〜34字がベストで、

その中にキーワードを盛り込みつつ、(今回の場合は、パソコン、仕事がキーワード)

「〜な私が」というように、読者が「あ!それ私!」と親しみを持てるようなフレーズを入れたり、

「〜のこと3つ」と数字を入れてみたり。

 

平凡で単純で分かりにくい

クラウドソーシングで学んだこと」というタイトルにするよりも、

読みたくなると思いませんか??☺️

 

まとめ:目の前にある出来事は全て自分の学びにしてしまおう!

f:id:kaigaiwakuwaku:20170727104445j:image

何も意識せずに目の前のことをこなしていくだけだと、すぐに毎日が終わってしまいます。

ですが、「全て勉強」と捉えることで次に何かに挑戦するときに必ず活きてきます😄

 

「いくつになっても勉強」

「相手が誰であってもそこから学べることは全て学ぶ」

という貪欲さを忘れずにいたいものですね✨😊